生活習慣の乱れもむくみの原因

乱れた生活習慣もむくみが出る原因

日頃の生活の中でむくみがでやすい環境と言うのが複数隠れています。ここから、むくみ症状になりやすい生活習慣の特徴を挙げていきます。もし自分に当てはまる項目があれば改善していくことでスッキリして軽い美しい脚を作ることができます。

ぜひ、自分の生活習慣を思い出して比較してみてください。

同じ姿勢でいる時間が多い

座り仕事、立ち仕事の方は集中していると、ついつい同じ姿勢を保っている状態が多いです。同じ姿勢、体を動かない状態と言うのは筋肉も使っていない状態と同じです。体が冷えて、血流が悪くなり結果として余計な水分や老廃物が溜まりやすくなります。

私も事務仕事をしているの一日の大半は座っている姿勢が多いです。夕方になると脚が重い…ダルい…パンパンといった状態は何度も味わってきました。

立ち仕事、座り仕事がメインの方は簡単な対策方法として少しずつで良いので姿勢を変えながら仕事に望みましょう。休憩時間、昼休みはストレッチ、マッサージをするだけで体の巡りは変わってきます。

体を動かさない運動不足

ここで言う運動不足とは体をまったく動かさないことを指します。毎日、10分〜20分程度のウォーキングをしている、ストレッチ、エクササイズをしている方は運動不足にはなりません。むしろ適度な筋肉を作る、維持するには適度な運動と言えます。

運動不足は例えば、通勤は自動車、バス、電車で連続して歩く時間が少ない方、仕事中も姿勢を変えず、ストレッチもしない、帰宅後はご飯を食べてお酒を飲んで寝るだけ…なんて方は確実に運動不足と言います。

運動をする理由はダイエットだけでなく、体を冷やさない、代謝機能をアップさせるための適度な筋肉を発達させる…維持させるために必要です。激しい運動をする必要はないので体が温まる程度の運動を毎日、行ってみましょう。

骨盤が歪むような生活

骨盤の歪みは冷え、血行不良を招きます。また姿勢も悪くなるため体のラインも汚く見えてしまいます。骨盤の歪みはいきなり起こるものではなく日頃の生活の中で徐々に歪んでいきます。

例えば姿勢が悪い…足に合わない靴を無理して履いている…などは不必要な部分に負荷をかけて体を歪ませています。

背筋を張り真っ直ぐ歩く意識をしたり、仕事中も猫背にならないように意識をします。そして靴もオシャレは大事ですが美脚、むくみのない脚を作るなら歩きやすく靴ずれ等が出ない靴選びをすることも大切です。

塩分、アルコール、水分の摂り過ぎ

塩分の摂り過ぎは体の余計に水分を欲してしまいます。必要量以上の水分補給をするため体内に余計な水分を貯めこんでしまいます。味の濃い、しょっぱい食事が好き…といった方は注意をしましょう。また外食の多い方も塩分の摂り過ぎ傾向があるので注意が必要です。

アルコール飲料、つまりお酒には血管から水分を漏れ出しやすくなる性質があると言われています。飲み過ぎには注意が必要です。そしてお酒を飲むとトイレが近くなる方が大半だと思いますが、トイレに行きたくならない方は水分を貯めこんでいる可能性が高いです。マッサージ、運動、カリウム等で水分代謝を促進させてあげましょう。

同じく水分の摂り過ぎも良くありません。特に糖質の多い飲料ばかり飲むのはNGです。太るし、糖尿病になる可能性もあります。水分補給をするなら脚のためにもお茶、ミネラルウォーターを適度に飲むことが望ましいです。

ナビゲーション