女性ホルモンの乱れもむくみの原因

女性特有の生理症状時はむくみが出やすい

女性ホルモンは生理周期になるとホルモン量が増減して体調、精神面で乱れを引き起こしやすくなります。体の変化で暴飲暴食をしたり、ストレスが溜まり巡りが悪くなり、むくみ症状を引き起こしやすくなります。ただし、この時期だけむくみが発生する方は生理現象なので特に気にする必要はありません。

暴飲暴食などをせず、安静に時が過ぎるのを待つことが大切。

どうしてもこの時期のむくみ症状が気になる方は原因と共に簡単な対策も解説していくので参考、実践をしてみてください。

生理中にむくみを引き起こしてしまう

生理中は女性ホルモンの分泌が減ることで体調が悪くなる傾向があります。同時に体温も下がる傾向があるため体が冷えて、血行不良を起こします。代謝が悪くなるため体の巡りが悪いことから、むくみに発展しやすいです。

体が冷えていると感じたらお腹を温めるようにして体を冷やさない対策をしましょう。体のダルい時期でもあるため、簡単にできるマッサージ、ストレッチもオススメです。

生理前後、生理中の生活習慣

体に変化が起こることで不安定となり、むくみ症状が出やすい時期です。少しでもむくみを緩和させるためには生活を見直しみることが大切。

お酒、体の冷える食事をしない

適度なお酒はストレス解消や体を温めるに適していますが飲み過ぎはNGとなります。あと冷えたお酒より温かくしたお酒の方が体に良いです。

そして、体を冷やすアイス、冷たい飲料も避けるようにしましょう。生理中はカフェインを含有した飲料も望ましくないとされています。水分補給はミネラルウォーターが適しています。

そして体の冷えやすい、老廃物の流れにくい状態、時期でもあるため塩分過多の食生活は控えましょう。

湯船にしっかりと浸かる

生理中は体もダルいためシャワーだけで済ます方も多いと思いますが湯船に入った方がお腹、腰の痛みを和らげることができます。同時に体も芯から温まるので血行が促進されてデトックス機能を高めてくれます。

肩まで湯船に入るのが嫌、家族がいて生理中はお風呂に入るのが億劫…といった方は足だけでも湯船につけて温めて下さい。もしくは一番最後にお風呂に入るようにすること。

お腹を温めるとデトックス効果を高めることができます。入浴後はお腹を冷えないようにして体が温まっているうちに就寝するようにしましょう。

ナビゲーション