ふくらはぎのむくみを取る方法

ふくらはぎがむくむ原因

座り仕事、立ち仕事をしている方はふと座った、たった瞬間にふくらはぎが重い…ダルい…パンパン…といった経験はないでしょうか。また夕方は靴がキツイ、ブーツが履けない…なんてトラブルも。これは全て、ふくらはぎがむくんでいる証拠です。

ふくらはぎは血液、リンパ液などを上半身に送り返す役割があります。よく言われる脚のポンプ機能ですね。しかし、筋肉が不足している…冷えている…巡りを良くする栄養が摂れていない…など多くの原因でポンプ機能が正常に働かなくなると上述したように脚にむくみ症状が現れてきます。

原因は様々ありますが、ふくらはぎのむくみを解消するには適度な筋力、適度に体を動かしてポンプ機能の役割を高めることが大切です。

理想的なふくらはぎのサイズはどのくらい?

太もものむくみを取る方法では理想的な太もものサイズを紹介しました。ここでは理想のふくらはぎのサイズをお届けします。脚はどこか一箇所がベストサイズでもバランスが悪いです。太もも、ふくらはぎ、足首の3点が理想的だと美しいレッグラインとなります。

身長×0.2=理想のふくらはぎサイズ

身長に見合ったふくらはぎのサイズは上記の計算で求めることができます。また身長別にみると以下のサイズが理想的とされています。

  • 身長150〜155:約30.5cm
  • 身長156〜160:約31.5cm
  • 身長161〜165:約32.5cm
  • 身長166〜170:約33.5cm
  • 身長171〜175:約34.5cm

ふくらはぎの最も太い部分をメジャーで測り、理想に近い数値なら問題ありません。1〜3cmの誤差なら浮腫みを解消することで理想のサイズに近づくこともできます。

ふくらはぎのむくみを解消する方法

日常生活の中でふくらはぎを細くする、むくみを解消するといったお役立ち情報をお届けします。

ふくらはぎを細くするための食生活

ふくらはぎを細くするためにはバランスの良い栄養素を含んだ食事を摂るように心がけます。塩分、糖分を摂り過ぎると余計な水分が溜まりやすく太りやすい体質になるため、できるだけ過剰摂取は控えるようにしましょう。

特に最近は肉ばかり食べる女性も増えてきました。しっかりと魚料理も織り交ぜて栄養のバランスを摂ることが大切です。

ふくらはぎを細くするための運動

座り仕事をしている方は同じ姿勢が数時間続くため、ふくらはぎの筋力が衰えてきます。ストレッチ、ウォーキング、エクササイズなど何でも良いのでふくらはぎの筋肉を使うように心がけましょう。

ただし、激しい運動はガチガチの脚を作るばかりかケアをしないと強張った脚になります。運動後は必ずマッサージをして緊張している筋肉をほぐしてあげることが大切です。

ふくらはぎを細くするための生活習慣

生活習慣の中では脚を適度に使うこと。座り仕事、立ち仕事の方は集中すると同じ姿勢を保った状態になりやすいです。休憩時、息抜き時にストレッチ、簡単なマッサージをして刺激をふくらはぎに与えてあげましょう。

また入浴後の体がポカポカしている状態で足首から上半身に向かって血液、リンパを流す感じでマッサージをするとスッキリできます。ふくらはぎの筋肉が強張らないようにほぐすしてあげることが日常では大切です。

サプリメントでふくらはぎのむくみを解消

むくみサプリ、水分代謝促進サプリは短期間でむくみ解消をサポートしてくれます。体内の巡りを良くする以下の成分を含んでおり不足しがちな栄養素も補うことが可能です。

  • カリウム
  • メリロート
  • 赤ぶどうエキス
  • 明日葉エキス
  • コーンシルク
  • ヒハツ
  • シトルリン
  • 乳酸菌
  • 生姜エキス
  • タンポポ根エキス

実際に私もコスパをもとに5つの商品を試しました。確かな実感力もあり、むくみ解消に役立ちました。使ったサプリを本音でお届けしているのでチェックしてください。

むくみサプリの本音のおすすめランキング

ナビゲーション